TOPページ > スライドカッピング(吸い玉療法)で不快感の緩和

スライドカッピング(吸い玉療法)で不快感の緩和

従来のカッピングは吸い玉の丸い痕が残ったり、瘀血(おけつ)といって出血を伴う場合があります。
当院で行うスライドカッピングは、従来のカッピングの効果に加え、痕も残らず筋膜をリリースすることにより、痛みの緩和、不快感の軽減が期待できます。
また、吸引力を保ったまま体の表面を滑らせるので、リンパや血流を改善する効果があります。人によって強さを調整するので、強い刺激が苦手な人にも安心です。

施術の流れ

  1. 患部にカップを当てて吸引し、皮下組織を引っ張ります。
  2. 吸引しながらリンパの流れに沿ってスライドさせて流れを促します。
  • むくみが気になる
  • 肩や腰がいつもだるい
  • 捻挫の腫れを早くひかせたい
  • 女性スタッフが施術するので安心!