TOPページ > 症状別 > 肘ひっぱり症候群(肘内障)

肘ひっぱり症候群(肘内障)

肘内障をご存知ですか?

肘内障は親が子供の手を引っ張るなど、急激に腕が引き伸ばされた際に肘の関節が不全脱臼するケガで『肘ひっぱり症候群』とも言い、小学校に入る前のお子様にはよくあるケガの一つです。

ですが学齢前のお子様は上手く痛みを表現できないので他の傷病との識別が重要です。

・お子様が腕をおさえて泣き止まない

・腕を動かそうとしない

・てのひらを上に向ける事ができない等

気になる症状がありましたら一度ご相談下さい!!

 

肘内障とは

肘内障とは

肘内障は脱臼の一種で肘関節の中の橈骨頭が輪状靭帯から外れかけた状態をいいます。

 

乳幼児の骨はまだ未発達で橈骨頭も凹凸の少ないつるっとした状態なのでちょっとした牽引力で抜けてしまうのです。

とはいえ腕を引っ張ったら必ず抜けるわけではありません。

関節は靭帯だけではなく筋肉も緊張する事によって外れないように支えています。

お子様が腕を引っ張られると認識している時は周辺の筋肉が緊張し、外れないように無意識に力が入りますが、突然引っ張られたりお子様の力以上の負荷がかかった場合このような脱臼が起こるのです。

肘内障になるとてのひらを返せなくなるのでいつまでも痛がって手を動かそうとしない場合は早めにご相談ください。